テデイベア
1902年の秋、アメリカ合衆国第26代大統領ルーズベルトは趣味である熊狩りに出掛けたが、獲物をしとめることができなかった。そこで同行していたハンターが年老いた雌熊のアメリカグマを追いつめて最後の一発を大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」として撃たなかった。このことが同行していた新聞記者のクリフォード・ベリーマンによって挿絵入りでワシントンポスト紙に掲載され、この挿絵のベアは、「ベリーマンベア」とよばれる。その漫画の題名の「ミシシッピーで一線を画す」はルーズベルトが解決しようとしていたルイジアナ州とミシシッピー州の州境論争を意味していたと言われています。その漫画をみたロシアからの移民モリス・ミットムが妻ローズの作ったベアに大統領のニックネームである「テディ」にちなんで「テディのベア」といううラベルをつけて自分の店で販売したところ大当たりしました。それがテディベアの名前の由来になったと伝えられています。
オリジナルドレスベア


オリジナルテデイベア